MENU

会社説明会とは

ふつうは、会社説明会とは、会社側が主催する就職関連のガイダンスのことで、セミナーとも言われます。その会社を希望している学生や求職者を募集して、その会社の会社概要や募集要項などのあらましを説明するというものが通常のやり方です。

 

重要なのは何か?就労先をチョイスする時は、何と言っても自分の希望に正直に決めることである。どんな理由があっても「自分のほうを応募先に合わせなければ」などということを思ってはダメである。

 

いわゆる会社は雇っている人間に対して、幾らくらいの好都合の条件で就職してくれるかと、早期の内に会社の具体的な収益アップに連動する能力を、見せつけてくれるのかだけを望んでいると言えます。

 

面接の際意識する必要があるのは、自身の印象。長くても数十分しかない面接だけで、あなたの一部しか理解できない。それゆえに、合否は面接での印象に左右されていると言えるのです。

 

新規採用以外なら、「入社できそうで、職業経験もつめそうな会社」なら、何はともあれ入社しましょう。ごく小規模な企業でもこだわらないことです。職務経験と職歴を得ることができればよいのです。

 

面接といわれるものには完全な正解はないから、どこが良かったのかまたは悪かったのかといった合否基準は会社が違えば変わり、場合によっては担当者が交代すれば大きく違うのが現実の姿です。

 

会社選びの展望は2つあり、一つには該当する会社のどんな点に関心があるのか、2つには、あなたがどんな業務に就いて、どんな生きがいを持ちたいと感じたのかという点です。

 

面接の際は、応募者がどういう考え方の人なのかを観察する場所になるので、セリフを上手に読みあげる事が要されているわけではなく、思いを込めて伝えようとする態度が大切です。

 

転職というような、いわゆる何度も ジョーカーを切ってきた履歴がある方は、自然と離転職した回数も膨らみ続けるようです。従って、一つの会社の勤続が短いことがよくあるということです。

 

今の仕事の同業者の人に「父親のコネを使ってSEだったけれど、この業界に転職してきた。」という者がおりまして、その人の意見としてはSEの仕事のほうが全く比較できないほど楽なのだとか。

 

気分良く業務に就いてもらいたい、わずかでも良い給与条件を提供したい、優秀な可能性を向上させてあげたい、一回り大きくしてあげたいと雇っている方も思い巡らしているのです。

 

「掛け値なしに本心を話せば、転業を決めた一番大きな理由は給料のためなんです。」こんな事例もあるのです。ある外資のIT会社の営業職をしていた30代男性社員の事例です。

 

ある日急に大企業から「あなたをわが社にぜひ欲しい」という話は、殆ど可能性はないでしょう。内定をどっさり受けている人は、それだけ大量に就職試験で不合格にもされています。

 

どんなに成長企業とはいえ、確実に将来も安心、そんなことは決してありません。だからこそそこのところも時間をかけて情報収集するべきである。

 

内々定と言われるものは、新規卒業者(予定者)に関する採用選考での企業と企業の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定するのは、10月1日以降とすると定義されているので、仕方なく内々定という形式にしているのである。